お正月になると、昔から食べるのが「おせち料理」。

最近では、おせち料理は簡略化されており、作らない家庭も増えているため、おせち料理を食べたことがないという子どもも増えているそうですが、大人であれば何度か食べたことはあると思います。

日本ではとても馴染みのある料理ですよね。

でも、おせち料理の始まりと意味を知っていますか?

おせち料理は今やお正月に食べる定番料理ですが、実はお正月に限定されたものではなかったのです。

というのも、おせち料理の始まりは弥生時代。

自然の恵みに感謝する習慣と中国から伝わった暦が関連し、節に合わせて豪華な料理を作り、その都度お祝いしたことが始まりだと言われています。

現代のようにお正月におせち料理を食べることが習慣となったのは江戸時代。

そもそもは、おせち料理を作って祝うのは宮中などの偉い人たちだけでしたが、江戸時代の庶民文化の広まりに合わせ、おせち料理も庶民に普及していきました。

このころから、一年でもっともめでたく大切な節であるお正月に、おせち料理を用意して盛大にお祝いする文化ができたと言われています。

ただ、意外にも「おせち料理」と呼ぶようになったのは最近。

終戦後以降のことです。

それまでは、「食積」や「蓬莱」と呼ばれていたそうです。

おせち料理と呼ばれるようになったあたりから、重箱の中に入る一つ一つの料理に意味が込められたとのこと。

ただ、おせち料理には諸説あり、地域によっても始まりや意味、呼び名は異なります。

参考⇒http://www.hamburghotelairport.com/